お肌の特性に合わせる必要

オイリー肌のスキンケアには、どういったケアが効果的でしょう。オイリー肌といっても人によって症状は様々で、脂性肌の範囲も違います。季節によって肌が乾燥したり脂性になったりすることもあるでしょう。

一般的な肌は、皮脂や汗などが適度に分泌されることで、皮膚を外部の刺激から守り、乾燥を防ぎます。肌が正常な状態を保たれているのは、油分や水分が分泌されているためです。

オイリー肌の人は、本来必要な量以上の皮脂が分泌されています。原因は男性ホルモンの活発化や、睡眠不足などです。スキンケアの基本は洗顔です。

脂性肌の洗顔は、まず手の平で泡をしっかりつくり、泡で顔を包むようにして洗っていきます。顔を洗い終わった後は、化粧水をお肌にしみこませます。

脂性肌にとっても保湿は大事なスキンケアで、水分が足りていない部分が脂っぽくなっていることも多いといいます。お肌を引き締める効果がある化粧水や、つけた感触がさっぱりしている化粧水を使うことが、脂性肌の人には合っています。

1日に何度も洗顔をしていると、逆に皮脂成分の分泌量が多くなるといいます。目や口の周りの皮膚はデリケートで、特に目もと、口もとは皮脂の分泌量が少ないので、美容液やクリームで保護しましょう。

乾燥肌と脂性肌が混在している混合肌の人は、スキンケアの使い方もお肌の特性に合わせる必要があります。